ワイモバイルキャンペーン│今月のキャンペーンまとめ

ワイモバイルのキャンペーン・料金などを完全解説!

ワイモバイル料金プラン

ワイモバイルには、月間通信容量に応じて、3つのプランが用意されていますので、それぞれ解説していきます。

スマホベーシックプランS

ワイモバイルの「スマホベーシックプランS」は、通話料もネットもコミコミで縛りがありません。

こちらのスマホベーシックプランSは、月額2.680円でデータ通信料が3GBまで使用できます。通話料は、スマートフォンや携帯、固定電話(IP電話含む)への国内通話は、10分以内だとなんと通話料が「無料」、但し10分を超えた場合は、30秒につき20円が発生します。また、お得なサービスや特典も受けられるので大変お得なプランです。

スマホベーシックプランM

スマホベーシックプランMは、基本料金が3680円で、高速データ通信容量が毎月9GB分含まれています。さらに10分以内であれば、他社のスマホや固定電話に何度かけても無料で通話することができます。基本料金は新規契約であれば契約した月から6か月間は割引が適用されますし、家族もワイモバイルを利用しているのであればさらなる割引適用が受けられます。

スマホベーシックプランR

スマホベーシックプランRとは、その中で最もひと月に使用可能なデータ通信容量が多く、14GBまで可能なプランです。
基本使用料は4680円となっておりますが、新規契約で6ヶ月間の間は割引が適用されたり、家族割引等のサービスと併用するとさらに価格がお得になります。
また、国内通話が何度かけても無料であったり、Yahoo!プレミアムの特典が使えたりと、料金以外の面でも特典が盛りだくさんです。

ワイモバイルの割引

ワイモバイルで開催されている各種割引を解説していきます。

新規割

ワイモバイルは、2019年10月1日より、加入翌月から6ヵ月間基本使用料が700円割引きになるという「新規割」キャンペーンを行なっています。

申込み区分は、新規・MNP(ソフトバンクからの番号移行を含む)・契約変更でお申し込みの個人のお客様となっており、対象機種はスマートフォン・PHSを除くケータイ・SIMの契約です。さらに、指定料金プランはスマートベーシックプランとなっています。

おうち割光セット

ワイモバイルには、自宅のインターネットとセットで契約することでお得で便利になるおうち割光セットがあります。自宅のインターネットとワイモバイルをセットで契約すると、ワイモバイルの月々の利用料金が毎月割引になります。

対象となる自宅のインターネットには、SoftBank AirとSoftBank光があります。料金プランによって割引金額は異なっており、500円から1000円の割引になります。家族で利用している場合には、家族の人数分割引になるのでお得です。

家族割引サービス

ワイモバイルの「家族割引サービス」は、家族などで利用する複数の回線を、指定料金プランにて契約すると、2回線目以降の各基本使用料が毎月500円の割引になるというものになっています。最大9回線までこの割引が適用されます。ひとりで複数回線を契約する場合でも、この家族割引サービスは適用されるのも特長のひとつです。ここ言う家族というのは、血縁・婚姻のある家族、同性もしくは生計を同じくしている同住所であることが確認出来ることとされ、手続きには家族確認種類が必要となります。家族であれば同居していなくても適応可能であることも嬉しいポイントだと言えるでしょう。

データ増量オプション

ワイモバイルのデータ増量オプションは、月々500円の負担で高速データ通信量が増量になるというサービスです。高速データ通信を利用中に利用料金プランの規定容量を使い切ってしまうと、通信速度が低速になってしまいます。利用に不便をきたしますが、このサービスを利用すると低速化した通信速度を通常速度に戻すことができて便利です。対象の料金プランはスマホプランとスマホベーシックプランで、利用する際には申込手続きが必要です。

ワイモバイルの通話料

ワイモバイルでは、対象プランに加入している方に向けて10分かけ放題というサービスがあります。
対象プランはスマホプランとスマホベーシックプランの2つです。これらのプランに加入していれば10分以下の通話なら通話料が発生しません。
しかし、このサービスは国内通話のみという制約もあります。

もし、10分を超えてしまった場合は、30円について20円の通話料金が加算されるので注意が必要です。スマホプランは2019年の9月30日で終了し、それ以降はスマホベーシックプランのみの受付けとなっています。

スーパーだれとでも定額

ワイモバイルのスーパーだれとでも定額は、他社も含めたスマートフォンや携帯電話、固定電話など全ての国内通話が無料で利用出来るようになるオプションです。スーパーだれとでも定額を利用すれば、通話時間、回数ともに無制限で誰とでも何度でも無料で通話することができます。
なお、ケータイプランなら、通話と同時にインターネットなどパケットも使い放題になります。
スーパーだれとでも定額の月額料は、スマホベーシックプランなら1000円、ケータイプランは1500円で利用できます。

ワイモバイルの特典

ワイモバイルでは契約者専用の特典がいくつもあります。

Yahoo!プレミアムが無料

ワイモバイルのYahoo!プレミアムは、月額で「462円」という安さながら数多くの特典を受けることができます。
ヤフーショッピングでの購入によるポイント還元がいつでも「5倍」であったり、飲食店で使えるクーポンの発行や雑誌や漫画が読み放題にもなります。
何かとお得なヤフープレミアムですがワイモバイル契約者特典ならば、月額使用料が「無料」になります。
ヤフーショッピングを頻繁に利用している方は、メリットの多いワイモバイルに変更してみてはいかがでしょう。

パケットマイレージ

ワイモバイルのパケットマイレージは、ヤフージャパンなどのサービスを使えば使うほどパケットマイレージが貯まって行くサービスです。貯まったマイルのランクによってデータ容量の追加料金が無料になるなど、ヤフーと連携したお得なサービスになります。申し込み等をする必要もなく、ワイモバイル加入者なら無料で使用出来るサービスです。使用するためにはY!mobileサービスの初期登録が必要となります。ワイモバイルの電話番号と連携済みのヤフージャパンのIDでログインした状態でヤフージャパンに訪問することでマイルが獲得でき、マイルを貯めていく仕組みです。

ワイモバイルの端末

ワイモバイル端末の中から人気スマホを抜粋してご紹介していきます。

Android One S7

ワイモバイルから販売されているAndroid One S7は、省電力で綺麗な映像を表示する事が出来るIGZO液晶を搭載しており、長時間スマホを使う人々には最適なスペックになっています。おサイフケータイ機能に対応しており、防水・防塵機能も搭載していますので、故障が起こる原因から端末を守る事が出来ます。Android One S7の端末価格は、消費者が手頃に購入出来る価格帯になっていますので、ハイエンドモデルほどの性能は必要無いという人には良い選択肢になります。

Android One S6

Android One S6は超広角撮影が出来るカメラと、便利な指紋認証が特徴のワイモバイルから販売される端末です。サイズは約5.84インチで解像度は2,280×1,080となっています。オートフォーカス機能やフォトライトが搭載されていて、画素数は約1,600万画素+約800万画素と高画質です。カラーはラベンダーブルー、ホワイト、ブラックの三色です。2019年12月中旬ごろの発売を予定していて、ワイモバイルでの端末価格は未定です。

Xperia 8

Xperia8はワイモバイルで初のXperiaシリーズということで記念すべき機種です。カラーはブラックやホワイトに加え、ブルーやオレンジも用意されているため、好みに応じて選ぶことができます。また、画面のサイズは6.0インチで見やすいながらも手のひらサイズの幅なので、片手でもスムーズに操作可能です。端末価格は5万円を超える金額で一括での支払いが難しい場合は、24回払いや36回払など分割にすることで負担を減らせます。

Livero S10

ワイモバイルLibero S10は2019年の秋冬モデルとして登場したスマートフォンです。

端末価格がお安く、それでいて3,100mAhの大容量バッテリーを搭載しているため動画やゲームなど時間を気にせず楽しむことが出来ます。防水・防塵対応で濡れた手や手袋でも操作可能なので、忙しい主婦がレシピを探す時にも寒い冬場の外での操作もストレスフリーで行えるのです。

約1300万画素・約200万画素のヂュアルカメラは、まるで一眼レフのようなSNS映えする写真を簡単に撮影できます。

P30 lite

ワイモバイルから発売されているP30 liteの色は白と黒、そして鮮やかな青の3つから選べるようになっています。AIトリプルカメラ採用しているので、自分で細かい設定をしなくてもプロ並みの写真を簡単に撮影可能な点が特徴です。また、夜景モードを利用することで、薄暗い場所でも綺麗に撮影可能です。端末価格は約4万円で一括払いが難しい場合、24回払いや36回払いなど分割払いを選ぶことで支払いの負担を抑えられます。

かんたんスマホ

現代社会ではガラケーでは対応できないことも多いですが、スマホの操作は人によって非常に困難です。そんな時に活用できるのがワイモバイルのかんたんスマホで、使いやすさを追究した仕様となっています。シンプルな画面設定やよく使用する機能がタッチパネルだけでなく物理ボタンになっているなど、慣れていない人に合わせて作られた機能があります。端末価格は契約と一緒に36回の分割払いにすると、最終的に大幅な割引になります。

iPhone 7

ワイモバイルでは、iPhone 7を安く購入することができます。アップルのシムフリーモデルも現在は直販していませんし、ワイモバイルなら端末価格が35784円と非常にリーズナブルです。一括払いもできますし、負担が少ないほうが良ければ36回払いもできます。月々の利用料金も安いですし、電子マネーや防水の機能などもついているので、iPhoneの便利な機能を安く使いたいという方には最適のモデルといえるでしょう。

iPhone 6s

ワイモバイルでは、iPhoneをお得な価格で販売していますがその中でも、特にiPhone 6sの価格は安めです。端末価格は16344円と非常にリーズナブルで、一括払いもできますし24回や36回払いなら月々の負担金も少なくなります。アップルのシムフリーモデルは現在販売されていませんので、メーカーで購入できない上にこの科カウで販売されていて、月々の利用料金もとても安いのでワイモバイルのiPhone 6sのはおすすめです。

ワイモバイルと他社MVNOの比較

ワイモバイルと人気格安SIMの料金などを比較していきます。

UQモバイル

ワイモバイルとUQモバイルを比較する時は、快適な通話を重視するかインターネット等の利用を重視するかによって結果が違っています。知人や友人によく電話をかける人なら、十分までかけ放題できるワイモバイルにした方がお得でしょう。

何度も連絡を取る必要があるけれど、毎月の電話料がかさんでしまうのが悩みだという人にメリットが大きいです。空き時間を利用してよくインターネットを利用している人の場合は、UQモバイルにした方がお得です。余ったデータを翌月に繰り越す事ができるため、動画コンテンツを視聴したり様々なサイトを閲覧する人にメリットがあります。使わなかったデータを次の月に利用できる点は、スマートフォンを触る時間の多い人にとってはかなり便利です。

楽天モバイル

ワイモバイルと楽天モバイルどちらも人気の格安SIMなのですが、プラン内容などに若干の違いがあるため、特徴などをよく比較検討して契約することが大切です。

ワイモバイルのプランは利用できる月間のデータ容量別に、S・M・Lと3種類からプラン選択ができ、プラン内容がわかりやすくなっています。また1回あたり10分以内の通話がかけ放題の無料通話分も全てのプランで付帯しています。

一方の楽天モバイルですが、スーパーホーダイというプランに加入をすれば、月間のデータ容量を使い切った後でも1Mbpsの速度で通信ができるので、ヘビーユーザーに特におすすめできます。スーパーホーダイも1回あたり10分以内の通話がかけ放題ですが、専用のアプリから発信する必要がある点に要注意です。

IIJmio

ワイモバイルとIIJmioを比較した場合、いずれも十分なデータ通信速度を得られる格安SIMサービスとなっており、ユーザーはオンラインサービスを快適に使う事が出来ます。ワイモバイルはソフトバンク系のサブブランドMVNOですので、データ通信速度は親回線ゆずりです。IIJmioは、大手キャリアの回線を借りずに独自の回線網を使ってサービスを展開していますので、他のMVNOとは違って高速なデータ通信が行えるのが利点となっています。
IIJmioでは、契約者の名義だけでMNPが行えますので、家族でまとめてIIJmioに移る事が出来ますので、キャリアの移動をする時の手間を大幅に減らせます。ワイモバイルは10分間かけ放題が標準装備されていますので、通話も行うのであれば、ワイモバイルを利用してみても良いでしょう。

mineo

月額料金プランを比較すると、ワイモバイルに比べてmineoの方が多少は安いです。その反面、ワイモバイルでは通話無料サービスがありますがmineoには存在しないので総合的にどちらが優れているとは言えません。通信速度とエリアを比較すると、ワイモバイルの方が優れています。こちらは、ユーザーがどれだけ増えて回線が混雑しても速度制限がかかりません。そのため一日を通して安定した速度を利用できるのです。

その一方で、mineoでは夜間など回線が混雑すると速度が明らかに低下してしまいます。最後にキャンペーンを比較すると、ワイモバイルでは端末のアウトレットという独自のものを展開しています。かなり安く端末を購入できるため、多くの人が利用しています。mineoでは料金割引を中心に展開していますが、お得と言えるほど多くはありません。こういった点を総合すると、ワイモバイルの方がおすすめと言えます。

OCNモバイルONE

ワイモバイルとOCNモバイルONEはいずれも格安SIMと呼ばれるサービスであり、人気があります。ワイモバイルはOCNモバイルONEと比較しますと、10分間のかけ放題が標準で付いており、実店舗での契約も行えますので直ぐに格安SIMを使いたいという人には適しています。
使用月にデータ容量が余った場合にはOCNモバイルONEは出来ますが、ワイモバイルでは余ったデータ容量の繰越は出来ません。データ容量の繰越を考えているのであれば、OCNモバイルONEを選んだ方が便利です。OCNモバイルONEがワイモバイルよりも優れている点の一つが月額プランだけでなく、日次プランも用意されている点です。月額プランよりも日次プランの方が使い易いというユーザーもいますので、様々なプランがありますとユーザーの用途に合わせて選べるのは利点です。